東京都在住。器や北欧雑貨が大好きです☆
by leaftime
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:器( 19 )

7寸丸皿

青織部を思わせる7寸皿。
d0226757_16163796.jpg
窯元は不明ですが、長く愛用しているお皿です。

このお皿、とっても優秀なのです^^

まず、この色が素晴らしい!! どんなおかずを乗せても映えますよ。
青物が少なくたって、この色でお皿が中身を彩り良~く魅せてくれます(^^ゞ
さらに7寸(21cm)ってサイズも、持ち上げるような波型の立体感もGOODです♪

重宝しています。
[PR]
by leaftime | 2012-05-24 16:24 |

フラウボールで春の装い

アスパラ、ゆで卵、ポテト、ハムをぐるぐるっと混ぜて「セラミカ」のフラウボールに盛りつけてみました。
d0226757_11311144.jpg
器って素晴らしい!!
そこだけすっかり春です^^

「セラミカ」は、ポーランドの陶磁器の街、ボレスワビェツを代表するメーカーです。
深いコバルトブルーと白を組み合わせたこのデザイン、どこかで目にされている方も多いかも。。。
器いっぱいに散りばめられた小さい花々は、すべて手作業で描かれているため、ひとつとして同じものはないそうです。なんだか愛情込めて作られた感じがしますよね~(#^.^#)
[PR]
by leaftime | 2012-04-11 11:33 |

オリーブ柄のオリーブ皿

その昔、イタリアのお土産にいただいたオリーブ用プレート。
d0226757_167454.jpg

オリーブ皿っていろんな形がありますよね。

d0226757_168273.jpg

                       こんなのとか
d0226757_168920.jpg

                       こんなのとか
d0226757_1681634.jpg

                       こんなのとか
                    (3枚とも画像をお借りしました)

こちらのものはとっても素敵♪

私のものはどういう使い方が正解なのでしょうか?
柄に実を並べて丸い方に種を入れるのかなぁ…?
残念ながら本来の目的で使用する機会があまりなく、もっぱらお菓子皿として活躍中です^^
[PR]
by leaftime | 2012-01-23 16:16 |

その土地の土で

昔、父の転勤で九州を離れる時に、その土地の土を混ぜて焼いたものだと餞別に頂いた
コーヒーカップです(あ、頂いたのは、私の母だけど~)
d0226757_1734117.jpg

とても使いやすい大きさと口当たりの良さに加え、このカップの厚みと感触が気に入って、
母より私が使い込んでいました。
そのせいなのか、私が欲しそうにしていたからなのか…
随分経ってから、母が「大事に使ってね」と私にくれました^^

それから大事に使って随分経ちます。
こういう形で古くなっていくものって素敵ですよね(^^)
[PR]
by leaftime | 2011-12-16 17:50 |

たまごのお皿

作家ものでも名窯ものでもないですが、ずっと愛用している楕円の深鉢。
d0226757_1341989.jpg

でっかい卵を縦にぱっくり2等分した感じのもので、ちょうど私の顔がすっぽり入る
大きさです…余計分かりにくいって?(汗)
あ!仮面ライダーフォーゼの顔形に似てる!!
ちなみにその番組は観たことありません。ほら、一応書き添えとかないとね (^^ゞ

乳白色という色は、他の色の発色をより引き出すのでしょうか?
この器、何を盛っても美味しそうに見え…る気がします(笑)
たとえ、煮物の色が多少悪くても~

重宝してます^^
[PR]
by leaftime | 2011-11-30 13:19 |

今日は「紅茶の日」

紅茶と言えば、イギリス。
イギリスと言えば、スポード(Spode)! ※スポード:陶磁器メーカーでイギリス4大名窯のひとつ
スポードと言えば、ブルーイタリアン♪
d0226757_15525944.jpg

というわけで(どういうわけだ?)、私の中では“紅茶=ブルーイタリアン”なのです^^
これは、ブルーイタリアンのティーカップ&ソーサー。奥に写っているのは27cmプレートです。
(ブルーイタリアンはすでに廃盤となっているため、入手が非常に困難。これだけですが、何年もかけてオークションなどで集めました。。English breakfast を夢見て♡)

さて、なぜ今日が紅茶の日なのか…
簡単に言うと、18世紀後半にロシアに漂着した日本人(大黒屋光太夫)が、ロシアの女帝エカテリーナ2世の茶会に招かれ(はしょり過ぎ?)、日本人として初めて紅茶を飲んだといわれている日なのだそう~。
『おろしや国酔夢譚』ですよ。緒方拳が大黒屋光太夫を演じてましたねぇ。
「おろしや国」とはロシアのことです。漂流した光太夫らが、なかなか日本に帰れず何度も絶望しながら(結局10年の月日をロシアで費やすのですが)、その中でロシア語を学び、生きようとする姿が妙に印象に残っています…

そうそう今日は紅茶の日。
アプリコットティーでもいれましょうか。
ティーバッグしかないけれど…(^^ゞ
[PR]
by leaftime | 2011-11-01 15:59 |

ミュージオクラシコ

気温が段々低くなり、温かいコーヒーを飲む機会が増えてきました。

これは、私が大事にしているコーヒーカップのひとつです。
リチャード・ジノリのミュージオクラシコ。
d0226757_20575015.jpg
華やかな印象が強いジノリの食器の中で、控えめでクラシカルなこのシリーズ。
「和」を感じさせるのは、日本の九谷焼の影響を受けているせいでしょうか。
菊の花を原案にしていると聞いたことがあります。

なぜか気になる、どこか気になる。。。
長い間、そんな不思議な魅力が持続しているカップです。

またプレートが素敵なのです!! 
この波型の縁取りと中央のうずまき模様の白いレリーフがぐっと気品UPさせてますよね♪
このデザイン、かなり完成度高いと思います。 ん?何様?(汗)
と言いつつ、残念ながら私はコーヒーカップしか持っていませんが…(^^ゞ
d0226757_20583189.jpg

                        (画像お借りしました)
ミュージオクラシコで揃えたディナーセット~ぉ。
憧れます…(遠い目)
[PR]
by leaftime | 2011-10-27 21:09 |

ミルクピッチャーを求めて

もう20年近く経つでしょうか。

1.液だれしない
2.電子レンジ可
3.洗いやすい

この条件を備えたミルクピッチャーを追い求めています。
d0226757_11331653.jpg
あれこれ買うわけにもいかないので、細々と探究生活を続けていたら
それでもこんなに集まってしまいました~。
半ば、ライフワークと化しています(笑)

でもまだ…これだ!! という品には出会えてないのです(T_T)

皆さんはどんなものをお使いでしょうか?
[PR]
by leaftime | 2011-10-26 11:34 |

おいものお皿

またまたおいもつながりで~ しつこい?^_^;
おいもと言っても、こちらはじゃがいもを連想させるお皿ですが。
d0226757_20575414.jpg

とにかくほっくりした5寸皿。
ちょっといびつな丸さやざらざらした底地の感触、なによりじゃがいもそっくりな風貌に、
「畑で取れたお皿だ♪」って思ってしまう。
食卓に並べるとなんともほっこりした気持ちになります♪
[PR]
by leaftime | 2011-10-20 21:02 |

緑色と黒いお皿

先日、茶まんじゅうをいただきました。
緑色があんまり綺麗だったので、このお皿を登場させたくなりました。
d0226757_19102457.jpg

最近お気に入りの黒いスクエアプレート。
小ぶりなので銘々皿としても、副菜をまとめて盛り付けてもGOODです♪
[PR]
by leaftime | 2011-10-18 19:15 |